庭吉が考える、良い庭造り
庭吉が考える良い庭は「写真に残せる庭」と定義しています。
手間と愛情を惜しみなく注ぎ、時の流れとともに変化する生きた庭。
それは、そこに住む人の心にも寄り添うもの。 子どもの成長のように、愛着を持って楽しんでいただける庭づくり。
庭吉は屋号に冠した「美・技・匠」の言葉に恥じぬようそんな想いを込めて、
庭づくりに日々取り組んでいます。